クレジットカードのランク

クレジットカードを持つということは、ある意味で支払い能力があり、社会的信用があるということを示しています。
仕事を持っていない学生や主婦であっても、親や配偶者などの社会的信用や支払い能力によってクレジットカードを所持できる現状を考えると、自分、または自分の関係者の信用ということになるでしょう。
そして、その信用度にもまた、さらにランクが分かれており、それによってクレジットカードの利用の仕方やサービスが変わってきます。
そのランクはクレジットカード本体のデザインによって外側から測れるものもあり、所持していること自体がステータスとなっているものもあります。

クレジットカードのランク分けで素人でも見分けやすいのが、カードのカラーです。
一般にゴールドカードというとお金持ちの印象が強くありますが、こうした色分けによってカードのランクを示す呼び名となっており、実際にクレジットカードのカラーも同様の色となっています。
クレジットカードを毛嫌いしている人でなければ、ランクの高いカードを持っている人を信用する傾向は実際にありますし、社会的な身分の高い人がランクの低いクレジットカードを利用していることに首をかしげることにもなります。
もちろん、サービス内容や審査など、内容に関しても厳密に分けられているため、ランクの高いカードを持つことは便利であるとともにその人自身の信用度に直結していることはある意味においては確かです。